XGPフォーラム設立セレモニーを開催

4月2日の午後よりXGPフォーラム設立セレモニーが全日通霞ヶ関ビル(東京都千代田区霞ヶ関)においてカナダ、中国、フィンランド、イスラエル、台湾、タイ、USA,日本の国と地域から77名が出席して行われました。また今回の設立セレモニーには、APT主催で日本国内に研修中の、9カ国からの訓練生(ブータン、フィリピン、インド、マレーシア、モンゴル、ネパール、スリランカ、タイ、ヴェトナム、合計9名)も参加されました。吉田靖氏(総務省総合通信基盤局電波部長)の祝辞のあと、Sam Endy氏(XGPフォーラム副議長)、Q.Qian氏(ZTE Corp.副総裁)からの挨拶を頂きました。近義起氏(株)ウイルコム、XGPフォーラム副議長)により「XGPの技術について」という演題で。次に杉浦正一氏(XGPフォーラム事務局長)よりXGPフォーラムの組織や責務に関しての説明をおこないました。

 

午前中はPHS MoUグループの第24回目の臨時総会がおこなわれました。 この中でグループ名を「PHS MoUグループ」から「XGPフォーラム」に変更する件、XGPおよびXGPロゴの使用指針、XGPフォーラムの工業所有権の基本指針の改定また補足事項の承認が行われました。

 

詳しくは以下のURLを確認ください:

http://www.xgpforum.com/doc/XGPCeremonyPresen.pdf

Press Release